病院でもらえる「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」はなぜ効く?

皮膚科で乾燥肌と診断されると「ヒルドイド」と呼ばれるクリームを処方されることがあります。このヒルドイドとは、ヘパリン類似物質を主製剤とした保湿剤で、皮膚の乾燥を防ぎ血行を良くするお薬です。

特に、小児科や皮膚科では「肌のかゆみ」に対して多く処方されるお薬としてポピュラーなものです。単純に保湿剤とくくるだけではなく、血行を促進する効能があるため、ケロイド肌の治療やシモヤケの治療にも用いられることがあります。

この薬は血行促進効果が認められるため、アンチエイジングや肌荒れ解消のハンドクリームとしても知られるようになりました。ヒルドイドには、ローション・ソフトタイプの軟膏・クリームのバリエがあり、肌の状態や塗布目的に応じて処方されます。

ヘパリン類似物質って?

「ヘパリン」は、私たちの体に存在する物質で、ムコ多糖類の一種です。血液凝固を防ぐ作用や、細胞を増やす作用、脂質代謝を促す作用があることが認められています。

肝臓で生成される成分で、50年以上前からヘパリンは医薬品の世界で用いられています。ヘパリン類似物質は、先に紹介したヘパリンに近い作用を持った物質で、コンドロイチンから精製された天然由来の成分です。

親水性があり、肌になじみやすいことから皮膚科治療薬にも用いられています。医薬品であるヒルドイドにもヘパリン類似物質が用いられています。

ヒルドイドは処方薬ですが、OTC医薬品としてドラッグストアで購入できる商品もあります。ヒルドイドとヘパリン類似物質の含有量が同等で効能も保湿・血行促進効果と変わらないため、安心して使用できます。

お顔にも使えますか?

ヒルドイドなどのヘパリン類似物質が含まれた医薬品は、体に対する使用を目的として製剤されています。

OTC医薬品で販売されている商品も、顔に塗る目的では使用不可とされていますので、顔に対する使用は控えましょう。ヒルドイドを顔用に使用したいという方もいますが、実はヘパリン類似物質の分子そのものが大きく、使用したとしても顔に成分が浸透しにくいようです。

顔にも塗れるように希釈し直す必要なども発生するため、医師の処方によって「顔に塗ってもよい」とされたヒルドイドを使うことが大事なのです。

さらに、最近美容雑誌でヒルドイド(ヘパリン類似物質)はシミに効く、といった特集があることも。これもヘパリン類似物質の血行促進効果に着目したことで、確かに血流がよくなるとターンオーバーが改善するのでシミが排出されやすくなります。

シミは肌の疾患でもかなりポピュラーなものですが、ひどくなるとなかなか治りきらずに困る方がたくさんいます。街のドラッグストアでもたくさんのシミ消し、美白系の商品はありますが、やはり効き目という意味ではリーズナブルなものは心もとないです。

そこでネット通販限定などの商品の中にはハイドロキノン配合など、医療用に匹敵するすぐれた効果がある商品も存在します。そうした商品をうまく使うことでシミに大きな成果を上げることも可能です。

下記のようなサイトを参考にして、ぜひ、ご自分にあったシミ消し商品を見つけて下さいね。

【参照】ドラッグストアで買えないシミ用化粧水!効果で選ぶならコレ

顔のしわ・たるみをなくすために重要なことは?自分にあう化粧品、エステ、過ごし方等など・・・

顔のしわやたるみが気になっている、治したいという方が30代を過ぎたあたりから急激に増えてきます。

20代の女性でも、目尻や口元のチリチリとした細かいシワが気になり始めているという方もいるほどです。小鼻の下から口元を囲うほうれい線がたるみに変わってしまったと悩む方もいるのではないでしょうか。

このような肌変化は年齢だからとあきらめてしまう方が多いのですが、加齢に逆らうことは可能です。もちろん今の状態を何年後でも保つこともできるので、あきらめる前にスキンケアを見直して、今の状態を良い方向へ導いていきましょう。

スキンケアの見直しが一日でも早いほど、肌を若返らせることができます。

保湿化粧品やエステを併用して美顔へ

どうしたら、しわやたるみをなくすことができるか分からないという方もいます。

無理なマッサージを続けたり、サプリメントだけを飲み続けていたりしていませんか?この方法を取ることも一案ですが、しわやたるみの原因は肌の奥深くの角層が水分を失って固まった状態にあると考えられています。

保湿をすることで肌の内側の弾力を取り戻し、ふっくら肌を取り戻せます。年齢肌専用の保湿化粧品を使うことや、エステサロンで保湿ケア・アンチエイジングケアを施していくことでふっくらとした肌を作り上げることができます。

マッサージばかりのケアでは、肌を刺激してしまいしわを増やしてしまう結果となりますので、保湿もセットにして考えていくとよいでしょう。サプリメントはビタミンCや抗酸化成分などを多めに補給できる物を選ぶのもいいですね。

穏やかに過ごすことも大切なエッセンス

イライラしてばかりの毎日を過ごしていませんか?シワやたるみはネガティブな表情が続くことで起こりやすくなるとも考えられています。

もちろんこればかりが原因と言い切ることができませんが、穏やかに過ごすことで、しわやたるみも「良い年齢の重ね方をしている」ように見せていくことができるとも言われています。

スキンケア次第では「年齢を感じさせない肌状態」を保つこともできるので、ゆったりとした気持ちを持ちながら日々の生活を大切にし、スキンケアに取り組んでいくことを心がけていきましょう。

手ぬぐい洗顔を知っていますか?これだけで肌がツルツルになっている方も

手ぬぐい

てぬぐい洗顔とは、てぬぐいと固形石鹸を使ったシンプルな洗顔法です。
やり方も簡単です。まず、昔ながらの白い柔らかい手ぬぐいを用意します。

てぬぐいは、新しいものや固いものは避けてください。お肌を痛めてしまいますので、何度か水に通して柔らかくしたりしておきます。
同様に、染料で色が抜けてしまうものも、お肌のトラブルになりますので避けてください。

次は、固形石鹸を用意します。
濡らした手ぬぐいで、固形石鹸をつつみます。そして手ぬぐいでゴシゴシこすり、泡立てます。
手ぬぐいから泡がじんわりでてきたら、手の指に(人差し指から小指までの4本)クルクル巻き付けましょう。

このときグチャグチャにならないように、最初に手ぬぐいを折って濡らしておくと楽です。
指の上の部分を折り、ミトンのように指4本を包みこんだら、優しくお肌をクルクル泡を滑らせるように撫でましょう。

小鼻部分や目元は、人差し指に巻き付け、優しくマッサージしましょう。
最後に洗い流して、終了です。

手ぬぐい洗顔の最大のコツは、「強くこすらない」ことです。お肌表面を、そっとなでる程度で十分です。
この洗顔方法で、軽いメイクならメイク落としなしで落ちます。

お肌に負担をかけずに、メイクまで落とせるのは便利ですね。
手ぬぐい洗顔をすることで、毛穴の黒ずみや毛穴のつまり・汚れを取り除き、古い角質もやさしく除去してくれます。

肌の余分な汚れを落とすので、洗顔後のお手入れの美容成分を吸収しやすくなる、ということですね。
手ぬぐい洗顔を続けることで、肌がツルツルになり、顔が明るくなったという人が多いようです。

また小鼻の黒ずみの解消や、シミが薄くなる、乾燥肌が緩和される、という人もいます。
手ぬぐいを使うだけなので、肌に余計な負担がかからず、手ぬぐいと石けんのみで始められるのでコストパフォーマンスもいいです。

加えて、肌質も選びません。敏感肌の方も、ゴシゴシこすらず丁寧に泡でマッサージすれば大丈夫です。
一緒に使う固形石鹸も、無添加のものや石けん素地のシンプルな素材を選べば、お肌に安心です。旅行先に持って行っても、かさばらないのもいいですね。

使用後に手ぬぐいは、ジャブジャブ手洗いして干しておけば、すぐ乾きますので、雑菌の繁殖が少なく、衛生的に使えます。
簡単な手ぬぐい洗顔で、ツルツル美肌をめざしましょう。

お肌を酷使しない洗顔のポイント!こんな洗顔料選びが肌トラブルから救ってくれる

ポイントをする女性

私たちが仕事から帰ってきて、クタクタになりながら、お風呂で一日の疲れをとっている時は、最高の喜びと感じることがあります。
その時には、汚れや油でギラギラしている顔を丁寧に洗って、鏡を見ながらいい顔に持っている自分をもう一度、見つけたくなります。

しかし、気をつけなければならないことは、顔をゴシゴシと洗ってしまいそうになることです。
鏡を見て、毛穴に詰まっている汚れを取ろうと必死に洗おうとすると、肌を痛めると当時に、乾燥を進めてしまう恐れもあります。

このような時の洗い方は、丁寧に洗うことは当然なのですが、泡をよく立てて洗顔することです。
先ず、洗顔料を使う前に水で軽く顔の汚れを落とします。

その後で洗顔料を泡立てて、顔全体にたっぷりとつけます。
この時の洗い方が重要ですが、おでこは手のひらを使いゆっくりの円を描くようにして、泡を広げてください。

鼻の周りなどは、爪を立てずに指先で、擦るように洗っていきます。
その後で、ぬるま湯で泡をきれいに落とします。

最後に冷たい水で肌を引き締めるようにして終わりです。
これだけで肌の汚れをキチンと落として、サッパリとした肌になっていきます。

しかし、丁寧に洗えたとしても、やはり洗顔料を選んで使う必要はあります。
一日中、外で働いていると、顔には多くの埃や汚れが溜まっていきます。

このような汚くなっている顔を洗うには、界面活性剤の含まれている洗顔料が一番、ベストなのです。
肌に付いている脂分を浮かせて、サッと洗い流せるからです。

しかし、この手の洗顔料は肌への刺激も強く敏感肌の方は、乾燥肌にさせてしまう恐れもあります。
これが原因でニキビ肌になってしまう人と少なくないのです。

できれば肌に優しい洗顔料を使うことがベストです。
ベストな洗顔料としてオススメ出来るのは、石鹸です。

しかも、アルカリ成分の天然石鹸が、保湿性も良く顔をきれいにします。
アルカリ性の石鹸で、弱酸性の肌の脂分を落とすと、肌はまた、保湿を取り戻そうとします。

その時に、肌にちょうど良い量の脂を出してきて、バランスの取れた肌に戻してくれるのです。
そのために、甘利にも強位酸性の洗顔料などを使っていると、人本来の機能が麻痺してしまい、保湿性の高い顔の状態が作れなくなるのです。

そのような意味でも、アルカリ性分が多く含まれている石鹸がいいのです。